MENU

SELTECHがFA向けIoTセキュリティ環境対応 ~ARM TrustZone活用したFA向け仮想化をET展でデモ~

2016年11月16日

SELTECHがFA向けIoTセキュリティ環境対応
~ARM TrustZone活用したFA向け仮想化をET展でデモ~

=====
株式会社SELTECH(代表取締役社長:江川将偉、本社:東京都渋谷区、以下 SELTECH)は、来るスマートファクトリーやインダストリー4.0向けにセキュリティを実現する、仮想化技術『FOXvisor for FA(FOX-FA)』を開発したことを発表いたします。安全、安心な工場を実現できるFA向けIoTセキュリティソリューションを、従来の車載、MFP向けに加えて今後、展開して参ります。またその試作品をET2016 組込み総合技術展にてデモいたします。

スマートファクトリーでは、ネットワーク接続された工場内のデータを収集、分析、活用し、生産効率向上、異常検知そして故障予防などを、主に機械学習を利用して行います。その際にデータや制御を乗っ取られるリスクが発生するため、セキュリティが極めて重要となります。
SELTECHは、FAを含めた産業機器向けのそうしたセキュリティニーズの増加に合わせたソリューションを開発し、サーバー側事業者や機器メーカーなどのパートナーとの提携を行い、Factory Automation(FA)向けセキュリティ技術を提供して参ります。
FAにおけるエッジ端末に対しては、手始めにARM社のTrustZoneを利用した環境にIoT向けハイパーバイザー『FOX-FA』を搭載することにより、複数のオペレーティングシステム(OS)の搭載を可能にします。その中の一つのOSをセキュアOSにすることにより、既存のOS環境にセキュリティ環境を追加することが可能になります。

第一弾のPoC(Proof of Concept)を、ET 2016 組込み総合技術展(2016年11月16日(水)~18日(金) パシフィコ横浜で開催)にてデモいたします。
当社のパートナーである株式会社ルネサスイーストン様のブースにおいて、当社が技術協賛いたしました「産業インフラIoTソリューション」の一環として、産業機器インフラをターゲットにしたネットワークからのサイバー攻撃対策を紹介します。具体的には、PLC(プログラマブルロジックコントローラー)を模した端末側に『FOX-FA』を、通常OS環境にはネットワークアプリケーションを、セキュアOS側のセキュリティ環境には絶対守るべきPLCの制御アプリをそれぞれ搭載し、サイバーアタックに対するプロテクション機能をデモいたします。

ぜひブースへお立寄りくださいませ。

PDFはこちら

年別アーカイブ

pagetop